はじめての株式投資

お問い合わせ

「はじめての株式投資」は、始めるまでの準備、実際の株式投資(オンライントレード)の方法、銘柄選びなどをまとめてみました。

株式投資とFX(外国為替証拠金取引)

株式投資とFX(外国為替証拠金取引)はどのような違いがあるのでしょうか。 株式投資は「現物取引」と「信用取引」の2つでかなり性質が異なりますので、一概には言えませんが、ここでは「現物取引」とFXを比較してみます。

株式投資(現物取引)にはレバレッジが効かず、FXにはレバレッジがある

レバレッジとは、「投資した金額」以上の金額を運用に回すことができることを言います。 さらに、その割合をレバレッジ2倍・3倍などと表します。 株式投資(現物取引)は投資した金額分の株のみしか購入できませんので、レバレッジ1倍です。

株式投資(信用取引)はレバレッジ3倍です。100万円の投資で300万円分のお金を動かすことが出来ます。

ではFXはレバレッジ何倍でしょうか?FXのレバレッジは25倍です。すなわち、100万円の投資で最大2500万円のお金を動かすことが出来ます。

レバレッジが効くということは、メリットでもありデメリットでもあります。 FXは少ない金額で大きな金額を動かすことが出来ますが、その代わりに投資した金額以上の損害が発生することがあります。 株式投資(現物取引)の場合、投資した金額以上の損失は発生しません。

株式投資には「配当金」と「株主優待」があり、FXには「スワップポイント」がある

株式投資には1年に1回~2回、「配当金」と「株主優待」が貰えます。株主優待の方は無い銘柄もあります。 この配当金と株主優待を目当てにしている方も多いでしょう。 では、FXはどうでしょうか?実はFXにも「配当金」に近いものがあります。「スワップポイント」です。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、通貨の金利差により発生するお金のことを言います。 日本の金利は0.1%~0.2%です。中国の元は4.35%ですので、円から元に変更すると、差し引き4.1%の金利が発生します。 この4.1%の金利を日割りで貰えます。 レバレッジをかけず、100万円を投資した場合、1年で4.1万円の金利が付き、1日では4.1万円x1/365≒112円になります。 この112円がスワップポイントです。

まとめ

如何でしょうか。株式投資とFXの違いをまとめてみました。FXに興味が出るようでしたら、初めてのFXもご覧ください。 FXはハイリスキー・ハイリスクですので、FXで借金等も参考になるかもしれません。

姉妹サイト

株式投資

おすすめ口コミサイト

その他おすすめサイト

ページのトップへ戻る